蛮族の本懐

Ne quid nimisというモットーに抗うための試み。

訪問 旧同志社英学校 ~「反日」の志は燃えているか~

はじめに

 2018年1月20日(土)、所用のため同志社大学今出川キャンパスへ行ってきた。私は同志社大学について殆ど何の予備知識も持っていなかった。というより、これまでの人生において明確に意識する対象としてこなかった、と言うのが正確だろう。私は、訪問前に同志社大学の一般的な情報を蒐集することを企てた。イベント会場の立地に振り回されながら見聞を広めるのが、私はとにかく大好きである。今回は一緒に同志社大学について学びを深めていこう。

 同志社大学の前身は、新島襄が1875年11月29日に設立した同志社英学校だ。昨年の函館旅行記でも触れた通り、新島襄という男は、当時の国禁を犯してアメリカ合衆国へ密出国した人物であり、いわば筋金入りの「反日」勢力であったと言えよう。同志社の建学の精神はキリスト教主義に基づく「良心」と「自由」であるが、現政権の取り巻き(及び擁護勢力)が聞いたら烈火のごとく怒りそうなモットーではないか! 新島は日本が近代国家として成熟するためには、一人ひとりの個性/人格が尊重されることが肝要であると考えていたようだが*1「星野君の二塁打」が持て囃される現状を見るにつけても、新島が対峙した得体の知れない習俗は今も強烈に残存していると言わざるを得ない。その意味で、新島がおよそ140年前に描いた理想はなおアクチュアルなままなのである。

 では、世の「同志社人」が新島の理想を胸に「地の塩、世の光」として歩んでいるのかといえば、悲しい哉三人の著名な「同志社人」が一騎当千の悪評を立てているのが現状である。『時をかける少女』ならぬ「少女像にかける老人」(文学部卒)、「サヨク」の「言論弾圧」により講演中止に追い込まれた『自由からの逃走』ならぬ『逃げる力』の著者(ただし法学部中退)、「地政学」大好きなユダヤ陰謀論者の元外務省主任分析官(神学部卒)。この三人のせいで同志社が被る不名誉は甚大である。理想は叶わぬから理想なのだろうか?

 いや、与太話はこれくらいにして、京都市営地下鉄烏丸線・今出川駅直通のキャンパス入口から、同志社の旅へ出発しよう。果たして、どんな同志社の「いま」に出逢えるだろうか? 私は期待と共に自動ドアをくぐった*2

DSCF0062

DSCF0063

*1: https://www.doshisha.ac.jp/information/history/neesima/neesima.htmlを参照。

*2:以下、同志社大学今出川キャンパスの構内図はこちらを参照されたい(PDF注意)。

続きを読む

礫岩のような千葉(1):頼朝伝説と行基伝説を訪ねて

はじめに

 2017年10月7日~9日にかけて、千葉県・房総半島を周遊してきた。札幌から東京に帰還して最初の連休、どこをツーリングするかは悩ましい問題だった。関東圏で行ったことのない場所、しかも公共交通機関では行きにくい場所を見繕った結果、最終的に奥多摩房総半島の二択が残った。そして、折角の3連休ということで、日帰りが大変な房総半島を行き先に選んだのだった。今回は姉崎のホテルに2泊し、房総半島ツーリングの拠点として利用することに決めた。

 10月7日は昼頃まで雨が降っており、出発が遅れることになった。また、連休初日で東京湾岸道路から千葉街道にかけて大渋滞が発生しており、姉崎に到着した頃には既に15時半を回っていた。そのため本格的なツーリングは翌日に譲ることにして、この日は木更津の龍宮城スパでのんびり過ごしてからホテルに戻った。さて、今回のエントリは10月8日の出来事を写真と共に振り返るものだ。この日のルートは、姉崎から養老渓谷を抜けて勝浦へ向かい、時計回りに外房と内房を巡って姉崎に帰還するというもの。順を追って、ルートの途中に点在する観光スポットや美味しいお店を紹介することにしたい。

続きを読む

胆振 珍道中(2):絵鞆半島ぐるり一周 ~室蘭八景めぐり~

  • 前回のおさらい
  • 室蘭八景(東海岸編)
    • 地球岬の絶景
    • トッカリショの奇勝
    • 金屏風の断崖絶壁
  • ちょっと寄り道 ~チャラツナイ展望台~
  • 室蘭駅舎 新旧対照
  • 室蘭八景(西海岸編)
    • 測量山の展望
    • マスイチ浜の外海展望
    • 絵鞆岬、黒百合咲く大黒島
  • Appendix
  • 関連記事
  • 関連書籍

前回のおさらい

 本連載を最初から読みたい方は以下のリンクからどうぞ。

rasiel9713.hatenablog.com

続きを読む

Welcome to Hokkaido (6/完):視察 最北の旧帝大

  • 前回のおさらい
  • 連載終了に当たっての御挨拶
  • 北大 札幌キャンパス周遊(1):中央ローン周辺
  • 札幌農学校第2農場
  • 北大 札幌キャンパス周遊(2):中央道路沿い
  • 北大 札幌キャンパス周遊(3):北大の自然
  • おわりに
  • 関連商品

前回のおさらい

rasiel9713.hatenablog.com

 本連載を最初から読みたい方はこちら

連載終了に当たっての御挨拶

 皆様ごきげんよう。9月3連休の台風18号も去り、札幌はすっかり秋めいてきました。さて、私が札幌に来てからもうすぐ半年が経過しますが、このたび半年の節目に長期出張の終了が決まりましたので御報告します。

 この半年間、仕事でもプライベートでも色々な変化がありましたが、最も大きな変化はオートバイの免許を取得し、TOURING SEROWを購入したこです。

rasiel9713.hatenablog.com

 SEROWのおかげで行動範囲が一気に広がった私は、ほぼ毎週のように札幌市外へツーリングに出掛けるようになりました。すると、札幌は私の北海道ツーリングの拠点に様変わりしたのです。私はこれまで5回に渡り、“Welcome to Hokkai-do”シリーズと称して、札幌初心者目線で札幌の観光スポットの紹介記事を書き連ねてきました。最初の頃は札幌自体が探索の対象であり、新鮮な好奇心の対象でした。しかし、少しずつ札幌での生活に慣れるとともに、札幌市外の多様な自然・歴史・文化・住まいなどに触れていくうちに、札幌への感動が徐々に失せていったのは否定できません。これは私が良くも悪くも観光客の殻を破り、居留者に変貌を遂げた証左だと思います。

 そこで、札幌滞在半年の節目を迎えるこのタイミングで“Welcome to Hokkai-do”シリーズの連載を終えることを決めました*1。どこかキリの良いタイミングで本連載を締めようとは思っていたので、丁度良い転機が訪れたと感じています。本連載の最終回で扱うのは、日本最北の旧帝大北海道大学(以下、北大)です。北大には既に6月下旬と7月末に足を運んでいたのですが、「北大の歴史を勉強してから記事を書こう」と先延ばしにしているうちに今日を迎えてしまいました。札幌を離れる前に北大という積み残しを消化して、“Welcome to Hokkai-do”シリーズを締めようと思います。それでは、最終回をどうぞ。

*1:勿論、札幌には私がまだ見ぬ面白い場所がたくさん残されていると思いますし、何より私は札幌の厳冬をまだ経験していません。ですが、ここから先は札幌への習熟度が高まるだけであり、新鮮な驚きやワクワクを書き綴ることは難しいでしょう。次に札幌を訪れた時の「旅行記」は別のタイトルで展開するのが望ましいと判断した次第です。

続きを読む

Trip to Hakodadi (7/完):生憎の最終日

前回のおさらい

rasiel9713.hatenablog.com

 本連載を最初から読みたい方はこちら

続きを読む

Trip to Hakodadi (5):追憶の三日目 前篇

  • 前回のおさらい
  • 函館朝市 恵比寿屋食堂
  • アンジェリック ヴォヤージュ ~賞味期限は30分~ 
  • 函館中華會館
  • 続・周遊 函館ベイエリア
  • Appendix
  • 関連書籍
  • 関連記事

前回のおさらい

rasiel9713.hatenablog.com

 本連載を最初から読みたい方はこちら

続きを読む