蛮族の本懐

Ne quid nimisというモットーに抗うための試み。

Welcome to Hokkaido (2):探索 大通公園近郊

前回のおさらい

 本連載を最初から読みたい方は以下のリンクからどうぞ。

rasiel9713.hatenablog.com

南北方向の起点、大通公園

  さて、今回はさっぽろテレビ塔を臨む大通公園の噴水から出発します。

 札幌の中心市街は平城京平安京さながら、碁盤の目状に区画整理されています。そのため、中心市街の住所も「北3条西6丁目」のように座標で表示することになります。この座標における南北方向の起点となるのが、札幌の中心に東西に広がる大通公園です。大通公園をゼロ地点として、公園と平行に走る通りを数えていきます。北に1条、2条、3条……。南に1条、2条、3条……。この分かりやすい表示ゆえ、数日札幌で過ごせば、行きたい場所の住所を見ただけでだいたいどの辺に位置しているのか目星をつけられるようになります(但し中心市街に限る)。なお、東西方向の起点は札幌を東西に流れる創成川となっています。

 札幌に来てからというもの、ほぼ毎日のように通り過ぎている大通公園。改めて観光客目線で、大通公園近郊の観光スポットを巡ってみようと思い立ちました。それでは出発です。

f:id:rasiel9713:20170423112311j:plain

札幌市時計台(旧札幌農学校演武場)

 まずは、言わずと知れた記念撮影スポットの札幌市時計台から。この時計台は原型のまま正確に作動している日本最古の塔時計として有名です。札幌に来たら誰もが一度は足を運びたいモニュメントであることは間違いありません。

 しかし、この札幌市時計台「日本3大がっかり名所」などと呼ばれているのもまた事実。「札幌市時計台は本当にがっかりスポットなのか!」という検証記事まで登場するありさまで、もはや先入観なしで観に行くのは至難の業でしょう。日本語インターネット空間を理解できない人生でありたかった。

 さて、大通公園から北上し、札幌市役所を通り過ぎると、突如として向かい側に時計台が現れます。私の第一印象は「あっ、あれか!」でした。すぐに認識することができず、数秒キョロキョロとあたりを見回してから「あっ、あれか」。つまるところ、背後にそびえ立つビルヂングのせいで(!)存在感がないのです。札幌駅から南下しようが、大通駅から北上しようが、高層ビルヂングの横を通っていくことには変わりがないので、相対的に時計台のスケールがショボく見えてしまいます。

 何が言いたいのかというと、時計台そのものががっかり感を醸し出しているわけではないということですね。お台場の実物大ガンダム立像もそうですが、我々はどうも巨大なものを観ることに慣れすぎてはいないか。札幌市時計台という歴史的存在が札幌の現在を象徴する高層ビルヂングと共存している、ということにこそ目を遣る必要があるのではないか。そんな風に考えました*1

f:id:rasiel9713:20170423115033j:plain

 パンフレットや観光ガイドブックでよく見るアングル。

f:id:rasiel9713:20170423114845j:plain

 札幌市時計台の前身は札幌農学校演武場です*2。現在時計台の中は札幌農学校に関するミニ博物館となっていますので、時計台の前で記念撮影するだけでなく、入館してみると勉強になります。受付でさっぽろテレビ塔との共通入場券が800円で買えるのでオススメですね。

 札幌農学校の卒業生としては、有名どころでいうと新渡戸稲造(盛岡出身)、内村鑑三(江戸・小石川出身)、有島武郎(江戸・小石川出身)がいます。東京大学(特に法学部)がベルリーン大学(Humboldt-Universität zu Berlin)モデルの学部割や教育メソッドを採用したのに対して、札幌ではクラーク博士らが招かれてキリスト教に基づく教育機関が設置されたというのは非常に面白い対比かなと思います。クラーク博士が来日するきっかけを作ったのはアメリカに密航・留学した新島襄のようなので、ここでも「中心と辺境」という視角がバッチリ当てはまります。

 ただ、クラーク博士が博士号を取得したのはゲッティンゲン大学(Georg-August-Universität Göttingen)なので、19世紀後半におけるドイツの学問的存在感を過小評価することはできませんし、まして「グローバリズム」対「反グローバリズム」の構図を無理に持ち出すのも不適切でしょう。ここで「中心と辺境」と述べたのは、あくまで札幌農学校卒業生の近代日本知識人史において占める位置を表現するためです。これは色々な縁があって東京を離れ、札幌に滞在している私(仙台出身)としてもアクチュアルな問題なのですが、考えがまとまっていないので、時間が解決するはずだと先送りしているのが現状です。

 (2017年4月30日追記:少し分かりにくいと思われる箇所について補足します。クラーク博士はアメリカ人なので、当然ながら札幌農学校では殆どの講義が英語で行われました。札幌農学校の卒業生の中には英語が堪能な人物が何人もいます。例えば新渡戸稲造は『武士道』を、内村鑑三は『余は如何にして基督信徒となりし乎』や『代表的日本人』を英語で執筆しましたし、有島武郎もアメリカへの留学経験があります。このように、彼らは「アメリカ仕込」のエリートという性格を共通して持っています。そうなると、今日の英語至上主義的なグローバリズムを称揚する手合いから、彼らはグローバル人材の先駆だと持て囃されることになるかもしれません。しかし、当時の「大日本帝国」の主流派が近代化の模範としていたのはフランスやドイツであり、イギリスやアメリカではなかったことを前提とするならば、知識階層における英語教育の「人気度」を過度に高く見積もるのはアナクロでしょう。新渡戸稲造も博士号を取得したのはドイツのハレ大学です。穂積陳重しかり、英語が堪能なことを強みとしたエリートが皆無というわけではありませんが、「英法派」が主流となることはありませんでした。新島襄が創立した同志社英学校の国内におけるポジションも、以上のような観点から検討されるべきではないかと思います。)

f:id:rasiel9713:20170423114754j:plain

 話を建造物の外観に戻しましょう。実は北海道庁旧本庁舎と同様に、札幌市時計台にも開拓使の徽章である赤い五稜星があしらわれています。記念撮影台側からのアングル(写真一枚目)では見落としがちですが、正面から見れば一目瞭然です。ただ、撮影していて思ったのですが、正面からのアングルだと時計台はのっぺりした感じになり、あまり写真映えしないですね。パンフレットや観光ガイドブックのアングルは考え抜かれたものだったのだなぁ……。既に知られている魅力的なアングルを真似して撮影してみることが、画面作り上達の早道なのかもしれません。

f:id:rasiel9713:20170423112837j:plain

f:id:rasiel9713:20170423112759j:plain

さっぽろテレビ塔

 札幌市時計台の次は、さっぽろテレビ塔へ向かいます。目当ては札幌市内を一望できる地上90mの展望台です。東京タワーも東京スカイツリー通天閣も登ったことのない私ですが、綺麗に区画整理された札幌市内を見渡せるとなれば、登らないわけにはまいりません*3

f:id:rasiel9713:20170423115646j:plain

 札幌市時計台で購入した共通入場券のおかげで並ばずに入れました。展望台へ上昇するエレベータの中、60秒きっかりで札幌およびテレビ塔についての説明を終えるエレベータガールには感服の一言ですね。それでは札幌市内を360°見渡せる展望台へ、レッツゴー!

f:id:rasiel9713:20170423120557j:plain

 ▼北側。札幌駅方面のオフィスビル街。当然ながら時計台は見えません。

f:id:rasiel9713:20170423120638j:plain

 ▼西側。大通公園から大倉山・三角山までを一気に見渡せます。

f:id:rasiel9713:20170423120818j:plain

f:id:rasiel9713:20170423120923j:plain

 ▼南側。不夜城・すすきの方面。遠くには銀色の札幌ドームも見えます。

f:id:rasiel9713:20170423121009j:plain

 「怖窓」(こわそ~)。これ、高所恐怖症の人は完全にアカンやつですね。

f:id:rasiel9713:20170423121055j:plain

 ▼東側。劇団四季の劇場やバスセンターが見えます。

f:id:rasiel9713:20170423121126j:plain

 四季折々、日中・日暮れ・日没後、札幌の色々な顔を楽しめるのがさっぽろテレビ塔の魅力のようなので、余裕があればまた足を運びたいと思いました。

札幌市資料館(旧札幌控訴院)

 ここまで札幌市時計台さっぽろテレビ塔とベタな観光スポットを巡ってきましたが、実は大通西13丁目まで足を伸ばすと、なかなか渋いモニュメントに出逢えます。それは札幌市資料館です。資料館といっても入場無料ですし、館内も美術館と公民館を兼ねた形で利用されているので、観光スポット的には優先度は低いのかもしれません。しかし、法学徒なら絶対に外せないモニュメントであることは疑いありません。なぜなら、この建造物こそが旧札幌控訴院だからです。

 札幌控訴院は大正15年(1926年)建造。「控訴院」とは裁判所官制(明治19年勅令第40号)および裁判所構成法(明治23年法律第6号)で定義された上級裁判所であり、現在でいう高等裁判所にほぼ相当します*4控訴院は全国8箇所に設置されましたが、建物が現存しているのは札幌と名古屋の2箇所のみです*5

f:id:rasiel9713:20170427175149j:plain

 正面玄関のひさし部分には「札幌控訴院」の文字と、目隠しされた法の女神ユスティティア(またはテミス)および秤と剣の紋章が配されています。ところでユスティティアの紋章を目にするたびに、Metallica, ... and Justice for Allを思い出してしまうのは、私だけ?

f:id:rasiel9713:20170427175235j:plain

f:id:rasiel9713:20170427175304j:plain

 重厚な雰囲気の漂うエントランス。

f:id:rasiel9713:20170427175651j:plain

 刑事法廷展示室。控訴院時代の法廷を再現した一室で、パンフレットによれば現在も模擬裁判など司法教育のために使用されているそうです。北海道大学法科大学院の学生が使うのか、司法修習生が使うのかは分かりませんが、この建物で模擬裁判を行うからにはきちんとした歴史認識を備えた法曹になってもらいたいと切に願います。

f:id:rasiel9713:20170427180239j:plain

f:id:rasiel9713:20170427180316j:plain

 せっかくなので「被告人、前へ!」の位置に立ってきました。

f:id:rasiel9713:20170427180355j:plain

 二階から臨む大通公園さっぽろテレビ塔も遠くに見えます。

f:id:rasiel9713:20170427180539j:plain

 建物中央の螺旋階段もいい雰囲気です。

f:id:rasiel9713:20170427180856j:plain

 名古屋を訪れる機会があれば、旧名古屋控訴院も是非とも観覧したいところ。控訴院マスター目指して、頑張ります(なんじゃそりゃ)。

 (2017年6月17日追記:続編を書きました。こちらからどうぞ)

f:id:rasiel9713:20170427181130j:plain

関連商品

And Justice for All

And Justice for All

 

*1:そう言いつつも、後述の通りさっぽろテレビ塔に登ってはしゃぐ私であった。JRタワー展望室もそのうち行きたいと思っています。ミーハーでごめんなさい!

*2:とはいえ、元々演武場が位置していた場所からは移転されてはいます。

http://sapporoshi-tokeidai.jp/know/walking.phpを参照。

*3:余計な情報ですが、あべのハルカスは登ったことがあります。といっても、有料の「ハルカス300」には長蛇の列ができていたので、無料の展望スペース(16階)の方なのですが……。

*4:なお、「控訴院」の名称はフランスにおける民刑事の第二審裁判所であるCour d'appelの直訳です。

*5:名古屋控訴院は現在、名古屋市市政資料館として保存管理されています。

http://www.city.nagoya.jp/shisei/category/52-7-4-0-0-0-0-0-0-0.htmlを参照。