蛮族の本懐

Ne quid nimisというモットーに抗うための試み。

2017-04-01から1日間の記事一覧

旧古河庭園の枝垂れ桜

3月31日の午前、旧古河庭園に行って参りました。東京メトロ南北線西ヶ原駅、JR京浜東北線上中里駅から共に徒歩7分という立地。 雨こそ降っていなかったものの、生憎の空模様。どうしても画面が薄暗いですね。でも、洋館はこれくらい不気味な方がいいという向…

藝術と劣情:シャセリオー展に接して

はじめに ザッハー=マゾッホの歴史小説「風紀委員会」(1877年)には、藝術と劣情をめぐる興味深いワンシーンが描かれている。それは、女帝マリア・テレジアがベルヴェデーレ宮殿に到着した新着の絵画を検分するシーンである。 ……その、一糸まとわぬ美しい…