蛮族の本懐

Ne quid nimisというモットーに抗うための試み。

【いわき紀行】夕映えの山本寛 薄暮の前に(2):「夕映え」とはなんの謂いか/探訪 住吉磨崖仏

前回のおさらい

 本連載を最初から読みたい方は以下のリンクからどうぞ。

rasiel9713.hatenablog.com

 今回はいわき市指定史跡の住吉磨崖仏(製作年代不明)を紹介するが、その前に、本連載のタイトルの「夕映え」に込めた思いについて書き残しておこう。

タイトルの「夕映え」について

 「夕映えの山本寛」というタイトルは、直接的には石川健治の講演「夕映えの上杉愼吉」(2014年10月30日、東京大学本郷キャンパスで開催)に由来している。

togetter.com

 しかし、当然ながら私とて、石川健治の講演のことを四六時中頭に浮かべて過ごしてきたわけではない。「夕映えの上杉愼吉」から「夕映えの山本寛」を思いつくまでには飛躍がある。この飛躍の飛び石となったのは、『薄暮』の特報第二弾(ティザームービー)であった。この特報に登場した「福島の夕映えの中で出会う、少年と、少女。」という一節に触発されて、私は殆ど反射的に「夕映えの上杉愼吉」のことを思い出したのだった。それほどまでに「夕映え」という単語は、私の中で上杉愼吉(1878-1929)と強く結びついていた(普段あまり使う機会のない単語だからだろうか)。

youtu.be

 前掲のTogetterにも記載の通り、石川健治によれば、「夕映えの上杉愼吉」というタイトルは、上杉が下宿していたゲオルク・イェリネック(Georg Jellinek, 1851-1911)のアパート屋根裏部屋から見えたであろう空模様と、美濃部達吉(1873-1948)との論争に実質的に敗れて落ち目となった上杉の晩年をかけたものであり、上杉を再評価する意味も込めて「黄昏」とはしなかったとのことである*1。私も「夕映えの山本寛」というタイトルに同様の意味を込めている。山本が福島のロケハンで見たであろう空模様と、『Wake Up, Girls!』という作品を奪われた挙句、債権者破産を経て廃業を宣言するに至った山本の末路をかけて、山本を改めて評価する意味を込めた次第である。

 なお、『薄暮』を制作したトワイライトスタジオの社名は、「薄暮」の英訳であるtwilightから取られたものであるが、これは「夕映え」=sunsetよりも少し遅い時間帯を指す言葉である。「薄暮の前に」というフレーズにおいては、「夕映え」と「薄暮」の時間的先後関係が示されるとともに、本連載が『薄暮』劇場公開前の旅行記であることも含意されている。この点については、Yamakan im Abendrot, vor der Abenddämmerungとドイツ語で書けば、表現上も綺麗な対比になるのだが、英語や日本語ではいまいち伝わらないのが残念な限りである(語法の誤りがあればご指摘ください)。

 さて、そろそろ本題、住吉磨崖仏の話を始めることにしよう。

いわき市指定史跡 住吉磨崖仏

 午前中から降り続いていた雨が、ようやく上がった。TOURING SEROWのシートの水滴を拭うと、すっかりエンジンの熱も冷めた愛車に跨って、いわき・ら・ら・ミュウを出立した。この日最初の目的地は、いわき市立小名浜第三小学校に隣接する遍照院。遍照院裏山の西崖面には、標題の住吉磨崖仏が彫り出されている。通常、観光ではまず来ない場所だろうが、なかなか珍しいものが見られるので、紹介してみたい。

f:id:rasiel9713:20190728233907j:plain

 愛車の背景に見えるのは、いわき市立小名浜第三小学校の校舎。到着時刻は14時頃だったが、この日は金曜日だったため、普通に学童の下校時間と重なった。浜言葉と言うべきなのか分からないが、荒々しい訛りで繰り広げられるゲーム(ポケモンだったか、妖怪ウォッチだったか忘れた)の話題に、自分の思う「小学生らしさ」を感じて微笑ましかった。他方で、悪ガキが愛車にいたずらをしないかと不安も感じていたが、特にトラブルは起こらなかったので安堵した。

f:id:rasiel9713:20190728233918j:plain

 住吉磨崖仏は遍照院西側の裏山墓地の崖面、砂岩層の中に彫り出されている、とのネット情報をもとに、裏山墓地へ向かったが、肝心の磨崖仏がなかなか見つからない。観光スポットではないので目印もなく、雨露に濡れた裏山を歩き回って探し続ける羽目に。墓地にはお参りに来ている地元民もいたが、傍から見れば不審極まりなかったことだろう。

f:id:rasiel9713:20190728234112j:plain

 裏山墓地を散策すること30分、ようやく磨崖仏を発見。

f:id:rasiel9713:20190728234405j:plain

 遍照院裏山の西崖面には全部で6つのがんがあり、磨崖仏の像容を残すのは右から向かって第3号龕と第4号龕の2つだけである。第3号龕の磨崖仏(如来の坐像)は高さ144cmと比較的大きく、螺髪や顔の表情などはよく残っているが、膝前や手首の先は風化・剥離している。跪いて拝むことが想定されたデザインなのか、立った状態だと藪の中に隠れて見えなくなってしまう。発見までに30分を要したのは、この「隠れ身」によるところが大きい。

f:id:rasiel9713:20190728234218j:plain

 第4号龕の磨崖仏(阿弥陀三尊像)は写真に収めていないが、第3号龕の近くにも磨崖仏が残っていたため、代わりに紹介する。全体的に風化が激しく、顔の表情すら判別することができない(のっぺらぼうみたいで可愛いと思う)。製作途中で放棄された可能性も考えられるが(風化だけでここまで朽ちるか?)、詳細は不明である。

f:id:rasiel9713:20190728234546j:plain

f:id:rasiel9713:20190728234253j:plain

 最後に、住吉磨崖仏がどれほど見つけにくいか(2018年3月16日現在)、明らかにしておこう。実は、次の写真の中に第3号龕の磨崖仏が写り込んでいる。皆さんはどこに磨崖仏が隠れているか、お分かりだろうか? もし、現在は藪が刈り取られて発見しやすくなっているという事情があれば、ご教示いただきたい。

f:id:rasiel9713:20190728234656j:plain

 石仏マニアや道祖神マニアだけでなく、通常のいわき観光に飽きた方も、遍照院の裏山に足を運んでみてはいかがだろうか。なお、当然ながら遍照院や小学校から警察や役所に一報されないよう、大騒ぎすることは厳に慎まれたい。

 ちなみに、今回のいわき行で通算走行距離が3,500kmに近づいた。

f:id:rasiel9713:20180316151719j:plain

 次回は「ひばり灯台」の名で親しまれる塩屋埼灯台を紹介する。いよいよ晴天である。

Appendix:まぜそば鶴也

 いわきではスーパーホテル福島・いわきに2泊したのだが、その近くになかなか美味しいまぜそばのお店を見つけたので記録しておく。お店の名前はまぜそば鶴也

 夕食なしプランで連泊したため、夕食を調達しようと外に出たものの、ホテル附近にコンビニがないことが発覚。空腹で徘徊していると、道路沿いにまぜそば鶴也というお店を見つけたのですかさず入店。油そば+煮玉子を注文した。長時間の移動で疲弊した身体でもどんどん食べられる軽さがうれしい。YouTuber活動をしている大学生らしき集団の会話を隣で聞きながら、いわき1日目の夜は更けていくのであった。

 追伸)ホテルのフロントが上原亜衣に似ていてガチ恋しかけたが、グッと堪えた。いきなり連絡先を渡したりしない程度には、私も分別を弁えるようになった……。

f:id:rasiel9713:20180316192308j:plain

関連記事

kazesasou.com

tombo106.exblog.jp

www.fukulabo.net